成城大学馬術部ホーム
   

成城学園馬術部の歴史

 

 

成城学園馬術部は70年ほど前に、馬を一頭連れてきたことから乗馬部として始まり、現在の成城大学体育会馬術部に至る大変長い歴史のあるクラブです。
昔は成城学園 中等学校から馬術部が活動されており、学校の授業でも乗馬が導入されていました。平成4年までは、世田谷区成城のキャンパス内に馬場があり、小田急線の電車の中から、馬の走る光景を目にすることができました。
その後、大学新校舎の建設により、平成7年からは神奈川県伊勢原市の成城学園総合グラウンド内にある、自然に囲まれた広大な馬場で活動をしています。

 

活動内容

 

練習日:

 

現在は馬場と学校が離れているため、平日は「持ち馬練」とし、自分の担当になった馬で、授業の都合に合せて、曜日や時間を自由に決めて練習をしています。
土曜または日曜に、監督・OB指導の練習や競技会が入ることもあります。

     
活動場所: 神奈川県伊勢原の成城学園総合グラウンド内
(成城学園前から伊勢原駅までは 小田急線急行で約40分程度)

     
活動目標: 団体としては全日本学生馬術大会、関東学生女子馬術大会での上位入賞を目標としています。
     
合宿: 年に1回、伊勢原総合グラウンドの合宿所で夏休みに行っています。交代制なので、合宿以外の夏休みの活動は基本的にオフとなります。  
     
部費: 月/3000円  
     
監督:
コーチ:

長道夫
大沼哲 ・ 丹沢太良
 ・ 
松平頼典

 

 

   
長監督
  OB丹沢太良先輩のインタビュー記事が全日本学生馬術連盟のホームページに登場しています。
こちらをクリックしてください
 

 

預託馬募集

トップページへ